Home > ぷらーす

障がい者就労支援センター「エヴリィ」

ご利用案内

発達障がい者支援施設の役割

「品川区立発達障がい者支援施設 ぷらーす」は品川区在住の発達障がいのある方やそのご家族、関係者の方を対象にサービスを提供するため、2014年(平成26年)4月に開設されました。
ぷらーすは、社会福祉法人げんきとNPO法人パルレが地域の方との繋がりを大切にしながら、さまざまなサービスを提供いたします。

ぷらーす(place : フランス語)
広場、空間、場所、居場所という意味に、「さらに良いこと」のプラス(plus : 英語)の意味も込めて命名しました。

ご利用案内

就労継続支援A型事業所 エヴリィ

対象
品川区在住の18 歳以上65 歳未満で障がいのある方(定員10名)
目的
雇用契約を結び、自立した社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供します。
事業内容
紙媒体などのデータを、パソコンを使って電子化します。
また、その他のデータ入力、書類作成、印刷業務など、パソコンを活用する業務を主に行います。

就労継続支援B型事業所 ガーデン

対象
品川区在住の18 歳以上65 歳未満で障がいのある方(定員10名)
目的
工賃収入を得られる生産活動を通し、自立した社会生活を営むことができるよう、必要な訓練を行います。
内容
ぷらーすの地下を利用して水耕栽培を行います。また、就労に向けた準備として、パソコンの研修やエヴリィでのステップアップ訓練など、お一人おひとりのニーズに合わせて訓練を行います。

発達障がい者成人期支援事業 リクト(LiCT)

対象
品川区在住の発達障がいと思われる方と、そのご家族・関係者で、就労に関する相談・情報収集・準備等をご希望の方(定員は、各プログラムにより異なります)。
内容
サロン、個別面接、ビジネスグループ、コミュニケーショングループ、生活グループ、地域活動、交流会

介護サービス包括型 品川区立上大崎つばさの家

対象
品川区在住で、一般就労または社会福祉施設に自力で通所する18歳以上の知的障がいの女性。
なお、日常生活における身の回りのことがご自身でできる方。
定員:女性5名
費用:30,000円/月(収入により変動)の家賃のほか、食費、光熱水費、日用品費、などが必要になります。

発達障がい・思春期サポート事業 ら・るーと(品川区委託事業)

対象
品川区在住の小学校4年生から成人までの、高機能自閉症、アスペルガー症候群、LD、ADHD等の発達障がい、もしくはその特性のある方とそのご家族の方(定員は、各プログラムにより異なります)。
内容
相談、グループ活動、個別活動、心理検査、講演会

アクセス

141-0021
東京都品川区上大崎1丁目20番12号
電話 03-5793-7095
FAX 03-5793-7149

ぷらーす館内図
3階 上大崎つばさの家
2階 リクト/ら・るーと
1階 エヴリィ/ガーデン/事務所
地下 水耕栽培室

・JR山手線・東急目黒線・都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線 目黒駅から徒歩 約13分
・都バス 品93系統「上大崎」から徒歩 約10分

このページの上へ
このページの上へ