Home > ごあいさつ

ごあいさつ

理事長 田角 勝

社会福祉法人"げんき"は、地域のなかで安心して安全に暮らせるための、支援を目的として平成24年に誕生いたしました。

経済が発展し生活も便利になりましたが、地域での支えあいは少なくなり、家庭での関係も希薄になりました。そのような中で豊かな生活は、全ての人がその人らしく生きていくことです。そのためには、それぞれの違いを認め合い、お互いに尊重しあえる社会を育てていくことが必要です。

幸せな社会は、人と人との関係のもとに成り立ち、子どものころにその能力の基礎はつくられます。底知れないエネルギーとあふれるような好奇心・想像性・創造性を持つ子どもは、温かい体験や経験することにより育ちます。我々の支援が、すべての世代の交流を生み、社会性の向上に寄与できることを期待しております。

私たちは、人が支えあう地域社会の創造のために「全ての人がともに歩む」という理念を掲げ、全ての人が希望や夢を持てるような社会・環境をつくるために、この地域を中心として、子どもや障がい者の支援とその仕組みづくりの活動をしています。人間関係の広がりと共に、地域や年代・職種などさまざまな違いを超えた地域に開かれた活動してまいります。さらに、より質の高い、効率のよいサービスの提供と、独自性と独立性をもった継続を実践していきたいと思います。

社会福祉法人 げんき 理事長  田角 勝

理念

地域社会のすべての人とともに歩む

基本方針

  • すべての人がその人らしく生きていくことができるよう、それぞれの違いを認め合い、お互いに尊重し合える社会を育てていく
  • 地域社会における障害のある人への理解を深め、ともに暮らし、ともに生きる社会の実現を目指す
  • 障害のある人の内なる力を信じ、その人の強みに目を向けた支援を目指す

目指す職員像

  • 援助者としての自覚を持ち、利用者の気持ちや立場に立った支援を心がける
  • 援助者としての専門性を磨き、日々の積み重ねからの学びを心掛け、常に自己成長に努める
  • お互いを認め合い、チームワークを大切にする

今年度 重点目標

  • 利用者の人権を尊重した本人主体の支援を大切にし、各事業においてサービスの質の向上を目指す
  • 既存事業を安定的に運営すると共に、事業全体の見直しを行い、方向性を検討する
  • 職員の定着率向上を目指し、職員育成に力を入れる
[次のページ] 運営組織 >>
このページの上へ
このページの上へ